高倉神社から光明山寺跡へ

高倉神社にお参りした私たちは、以仁王が討たれたという光明山寺の跡が近くにあるようなので行ってみることにしました。

地図では何となくしかわからないので、通り道の蟹満寺へ。

そこで行き方を尋ねると、四駆でないとあがれないような、大きい道から入ったところらしい💦


ちょっと心配しつつ車で行くが、それらしいところはなかなか見つからず

すると道のはたに壊れて倒れた看板が!

20160224104508cae.jpg

もう読めないくらいぼろぼろ…😅
しかも倒れていたら看板の意味がないですよね💧

その道をあがって見たけれど、何があるということもない


そこにたまたま通りかかった軽トラのおじさん達が多分もっと下やで、と案内してくれたのですが、そこもあがってみても何もない様子…😥

どうしようかと途方にくれていたら、おじさんがもう一度来てくれて教えてくれました♪

帰って聞いて来てくれたようです。

ありがとうございました☺️


そこは国見観音と書いてあって、光明山寺の塔頭だったようです。

20160224130400eb0.jpg

そこにあがると素晴らしい景色✨

国見という名がついているのもわかります。

木津川の流れが見え、私の住んでいる京田辺もすぐ目の前。

京都も奈良も見渡せる。


以仁王が南都へ落ちる途中ここにと思ったのも頷けます。


後で調べたところ、光明山寺はとても広い寺域だったそうで、多分私たちが迷って歩いたところもそうで、麓の蟹満寺の仏さまも光明山寺から来られたとの説もあるようでした。


そしてさらに以仁王も

亡くなったのは囮のもので、越後の小国を目指し逃亡したとの説があるそうです。

駿河、伊豆、甲斐の国、信濃、上州沼田、尾瀬、南会津、小国

と歩いたと。

そして、ゆかりの地名や伝承が残っているそうです。


真実はわかりませんが

かつてその場所でたくさんの人が自分の役割を懸命に生きた。

その時代時代の様々な人たちの想いが、記憶が、土地には残っている。


その足跡をたどることで、私たちは思いを新たにし、また自分の人生を歩む糧にできる気がします。




ありがとうございます♪
関連記事
Secre

MENU

プロフィール

結Yu-i

Author:結Yu-i
フラワーエッセンスで自分を知る面白さに魅せられ、フラワーエッセンスカウンセラーになってしまいました♪

フラワーエッセンスは心と身体を癒し、自身の本質にせまり、さらにこの世界を知るためのパワフルなツールです。

このブログでは、セッションのお知らせや、フラワーエッセンスのこと、日々の気づきをお伝えしていきたいと思います。

イベントなど

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる